あみあみ隊&だめニャンS

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

迷走中

0

創作意欲というというは、感情と一緒で浮き沈みがある。
今までほぼ休まずに頑張ってこれたのは、視聴者の後押しもあったし、刺激もあったし、意欲もあったけど、ここ最近になって、坂道を駆け下りるかのように失速してきた。

特にツムツムに関していえば、ブログを更新した1週間前よりも更にガクッと落ちた。
コロッと小さいのが編むのが、あんなに面白かったのに、アシェットに続きいて、また別のタイプのツムツムの編みぐるみの本が登場して、似たようなもの編んでいる自分が嫌になってきたというのもある。

編む人は編みたいもの編む。
作品を編む作り手も、基本は編みたいもの編む方がいいものが作れるのは当たり前で、アイディアも生まれてくる。家事をしながらも、頭の中では編み図っぽいのを想像している。フックを持てば、集中して編み出すのですが、今はそこまでしなくても、という気持ちがわいてくる。

もうこんなに世の中には完成された作品があるのにわざわざ時間をかけて編まなくても、と。

どうせ時間をかけるなら、別の形がいい、そう思って編んだのがスプラトゥーンのイカであった。
気晴らしにもなってよかったのだが、コメントには毛糸で編んでUPしてもらえたら、とリクエストがきて、レインボールームと毛糸の板ばさみぽい、複雑な心境になった。

編み物じたいが嫌になりそうと感じたけど、急に母からもらった犬の編みぐるみの本をみて、せっかくだから母と娘に編んでみようと毛糸で編んでみた。すると編み図から、こういう形にしたいから、立ち上がり目を作るときと作らないときがあるのか、とか3目を一度に減らし目するなどゴムにはできない編み方みると刺激になった。

一度全部の犬を編んでみようと今日は毛糸を買い足した。

娘は今はUVレジンにはまっていて、デザインなど深いことを考えずに作っている。素敵、可愛いとは思うけど、つまようじで細かく色づけしているのをみると、彼女向きであっても、私向きではないなと思った。

同じ細かい作業だったら、羊毛フェルトの方が面白そうだと感じた。編みぐるみと似たような要素を感じた。形を作り出し、再現するところ。やってみたいなと感じた。

なので、編みぐるみが好きという根底の部分は変わらないので、しばらくは私の刺激のうけて編みたいものをレインボールームで編んでみようと思います。

次はスプラトゥーンのタコかクラゲを編もうかな。。。

話は変わりますが、家から2キロ先にショッピングモールに猫カフェができた知り、猫がいるのにもかかわらずに娘と見に行きました。ただ想像していたより、すっごく小さくて、猫も7匹しかいませんでした。でもせっかくきたから、と猫と触れ合ってきました。

ただ私は猫を飼っていて思うのですが、あんな5畳もないスペースに猫が7匹は可哀想と感じました。よほど猫同士のうまが合わないかぎりは多頭飼いはスペースが必要。お互いに程よい距離感とひとりでゆっくりいる場所ばなければストレスになるんですよね。

我が家はけしてひろくはないけども、猫はおのおのにお気に入りのスペースがあり、一人で寝るときと寄り添ってねる時と使い分けているような気がします。猫じゃらしをふっても反応しないし、ただ引きこもって寝ているだけだし、ちょっと心配になっちゃいました。

P_20160605_135706.jpg


スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。